ブログ構築

検索数UP!!初心者ための無料web解析ツールの導入及び解説・使い方について

グーグルアナリティクス

web解析ツールを使う理由は、CV(コンバージョン:Webサイト上で獲得できる最終的な成果)を上げるためなんですよね。

web解析ツールを使うと自分のサイトのどこが検索数が多いのか、どんなキーワードで入ってきているのかなど自分のサイトについての詳細が分かるようになります。

詳細がわかることで、キーワードの変更を行ったり、検索数が多い記事の強化など、ユーザーの満足度を上げてCVに結びつけるにはどうすれば良いのかの戦略を立てることができます。

無料で使えるweb解析ツールで『Googleアナリティクス』の右に出るものはないでしょう。

ではgoogleアナリティクスの解説と導入の仕方について説明していきます。

googleアナリティクスって何?

『Googleアナリティクス』とは、Googleが提供するwebアクセス解析ツールです。無料版と有料版があります。

無料版でも非常に高機能なので、無料版だけで十分OKです。webサイトを運営していくうえでは必須と言っても過言ではありませんね

どんなものがわかるようになるのかというと

 

  • PV数 (サイトの閲覧数はどれくらいか)
  • UU数 (その日のユーザー訪問者数はどれくらいか)
  • 訪問別PV数 (一回の訪問でいくつの記事を閲覧したのか)
  • 平均滞在時間 (どれくらいサイトに滞在したのか)
  • ユーザー環境 (使われたOSやブラウザは何か)
  • ユーザーの流入経路 (ユーザーはどこから来たのか)
  • キーワード検索 (ユーザーはどんなワードで検索してきたのか)
  • セッション数※1 (Webサイトを訪れてから離脱するまでのユーザー数はどれくらいか)
  • 直帰率 (閲覧したページから他のページに移動することなく離脱したのはどれくらいか)
  • ユーザー分布 (年齢、性別、インタレストは何か)
  • ユーザー行動 (新規とリピーター数はどれくらいか)
  • 広告のクリック数 (閲覧者が広告をクリックした数)

…など

※1.【セッション数について】30分以上操作していない場合、次の操作で新たなセッションになりセッション数が増えます。Webサイトを一度離脱しても30分以内に戻ってくれば同じセッション数に入るためセッション数は増えません。日付が変わると無条件で新たなセッションになります。同じセッションの時、どれだけページを閲覧してもセッション数は増えません。

機能としてはかなり充実したweb解析ツールです。無料版でも全て使いこなすにはなかなか骨が折れそうなツールですね。

このようなデータを計測できるだけでwebサイトの運営はぐっとやりやすくなると思います。

根気よくデータを集めて、そのデータから戦略を立てて、検索数や検索順位を上げていきましょう。

 

googleアナリティクスの導入方法

それでは高機能の無料web解析ツール『Googleアナリティクス』の導入の仕方を説明しますね。

下記のボタンより公式ページに飛べます。

 

アナリティクス公式ページ

 

Googleアナリティクス 申し込み

 

公式ページの右側にある『お申込み』をクリックしてください。

 

アナリティクス 申し込み1

 

上記の画面が出たら、まず①~⑤を入力していきます。

 

①アカウント名(好きなもの)
②webサイト名(登録するサイトのタイトル)
③webサイトURL(登録するwebサイトのURL)
④業種(登録するサイトで一番近いものを選ぶ)
⑤レーポートのタイムゾーン(日本で住んでいれば日本に)

 

 

次に下にスクロールすると、上記のような画面が出てくると思います。

チェック欄のチェックは基本的に外さなくても大丈夫です。ただデータを共有されたくないものがある場合はチェックを外してください。

入力が出来ましたら『トラッキングIDを取得』をクリックします。

 

アナリティクス 利用規約

 

すると『Googleアナリティクス利用規約』の画面が出てくると思います。

こちらの左上の国のところ『日本』に変更します。

その下のチェック項目にはチェックを入れずにそのまま『同意する』をクリックして下さい。

 

アナリティクス ID

 

トラッキングIDの画面が出てくれば登録は完了です。

次に、赤いボックスに囲まれた部分のトラッキングコード』を自分のサイトに埋め込むとアクセス解析が始まります。

まずはコピーしましょう!!

 

アナリティクス コード

 

コピーした『トラッキングコード』はペーストする位置は上図のように『</head>』の直前です。

テーマの編集より『header.php』をクリックして、編集していきます。

『header.php』内にある『</head>』の直前にペーストしてください。

入力が終わったら忘れる前に下にある「ファイルを更新」を必ずクリックしておきましょう。

 

 

導入後は、動作確認をします。まず、リアルタイムから概要を選びます

リアルタイムレポートでは、現在のユーザの状況を知ることができます。リアルタイムでないレポートの場合は、データが処理されるまでに24~48時間程かかりますので注意してください。

上図のように現在のアクティブユーザーの人数が出ていれば正常です!!(アクティブユーザーの数値は自分になります。)

これでアナリティクスの導入は終わりです。

ゆあ
ゆあ
お疲れさまでした

 

googleアナリティクスの簡単な使い方

ここからは簡単な使い方について説明します。

アナリティクスにはたくさんの機能がありますが、その中でもよく使うであろうものをここでは紹介しますね。

ユーザーサマリー

 

ユーザーサマリーはユーザーの概要ってことです。左にあるメニューの『ユーザー→概要』をクリックすると見ることができます。

確認できる内容は画像の下側にある赤いボックスの中の項目になります。

さらに、右上の赤いボックスの期間を『1か月間』『1週間』など、調べたい期間に指定することで、その期間のデータが表示されます。

また、赤いボックスで囲った『ユーザー』の項目を変更することで、変更した項目の数値の推移をグラフでわかりやすく知ることができます。

ゆあ
ゆあ
ここを見るとPV数とかよくわかるね

チャンネル

 

チャンネルでは、どこから自分のWebサイトに訪問しているかがわかります。左にあるメニューの『集客→全てのトラフィック→チャンネル』をクリックすると見ることができます。

画面下側の赤いボックスで囲ってあるところなのですが、英語で書かれているためわかりにくいですよね?

初めのうちはたくさんの情報は出てこないと思いますが……ざっと説明しておきます。

 

  • Organic Search:[Googleなどの検索エンジンで検索して訪問してきた]
  • Paid Search:[GoogleやYahooでの 検索結果画面に表示されるリスティング広告から訪問してきた]
  • Direct:[お気に入り登録からの訪問や、スマートフォンのアプリを利用した訪問、いわゆるリンク元がない訪問
  • Display:[Yahoo!ディスプレイアドネットワークやAdWordsなどのディスプレイ広告をクリックして流入してきた]
  • Referral:[他のサイトからリンクをクリックして流入してきた]
  • Social:[TwitterなどのSNSから流入してきた]
  • Other :[上記の項目に該当しないところからの訪問などわからないもの

 

Organic Searchはクリックすることでどのキーワードからの流入があったか詳細を確認できます。いや、昔はできたといったほうが正しいかもしれませんねw

今ではほとんどの場合が『not provided』と表示されてしまいます。

『not provided』とは、『何らかの理由でキーワードを取得できませんでした』という意味です。

ではキーワードはわからないのかというとそうではありません。アナリティクスとは別にサーチコンソールを使うことでキーワードを調べることができます。

サーチコンソールの導入の仕方はこちら⇒WordPressを初めて使う前にやっておくべきこと

サーチコンソールでは、『not provided』にはならず、ユーザーが検索したキーワードを全てみることができます。アナリティクスと違い、訪問したあとにサイト内でどう行動したのかはわからないので注意してください。

コンバージョン

CV率を見るにはコンバージョンの目標設定をしておく必要があります。

Googleアナリティクスでは『特定ページの閲覧』を目標に設定することができます。

簡単に言うと「最終的に何処のURLに行ってもらえたらOKなのか」ということ。

  • 販売サイトの場合:商品を購入しました。
  • 求人サイトの場合:会員登録を完了しました。
  • 教室サイトの場合:資料請求が完了しました。 …など

上記のように『ユーザーに期待する行動』が完了した時に表示されるページのURLを目標に設定していきます。

いわゆる「ご購入ありがとうございました。」てきなサンクスページですね。

 

まず、左側のメニューの下にある『管理』から右側にある『目標』をクリックして設定していきます。

 

 

次に『新しい目標』をクリックしてください。

 

 

『テンプレート』にチェックが入っているのを『カスタム』にチェックを入れます。
変えたら『続行』をクリックしてください。

 

 

次に『目標の名前』を入力していきます。名前は好きなもので構いません。
入力後、その下の『到達ページ』にチェックを入れて『続行』をクリックしてください。

 

 

最後に『到達ページのURL』を入力し、その横の『等しい』を『先頭一致』に変更して『保存』をクリックしてください。
以上で目標の設定は終わりです。

CVを見るには『コンバージョン』から『目標』の中の『概要』をクリックすると見ることができます。
CV数やCV率が上がっていくとうれしいですよね。

ゆあ
ゆあ
頑張ってPVからCVを増やしていこうね